フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年4月 »

2015年12月

2015年12月23日 (水)

シンガポールでバリウムを飲む

シンガポールにきて初めて

健康診断を受けました。


場所:日本人会クリニック
(非会員ですが受診可能)


内容:標準検査+バリウム+腫瘍マーカー
        +婦人科検診(別機関にて)


実はわたし、

いい年して

バリウム初体験でした。


よく考えたら

最初に勤めた会社だけは

毎年きちんと検診があり

30歳超えたらバリウム付きだったのですが


その後勤めた会社は

検診すらなかった

いわゆるブラック企業だった・・・・(;;;´Д`)


兎も角

初めてのバリウム検査。


シンガポーリアン技師のおじさんに


何回め?

と聞かれ


初めてです、


なんだか

会話によっては

ワケありな告白をしたら


「それは・・・・・・


とっても嬉しいね! 


ぜひ


好きになってくれるといいね!! 」


・・・・


好きになるわけがありません。
(ごめんアンコー)


わたしの先輩に

「バリウムもっと欲しいくらい美味しい」

とゆう人がいましたが


わたし飲んだ瞬間

先輩・・・あなた、変態決定


そんな遠い過去を思い出しながら

胃の中に発生している

炭酸に耐え耐え

終了したバリウム検査。


優しい技師アンコーから


「また来年、

バリウム飲みにおいでね!!


不思議な別れ方をして終わった


健康診断でした。

2015年12月20日 (日)

ゲンス三昧

Img_2876_2


ゲンスブールの鼻を

ツンツン。


Img_2877


歯が見えてきた


Img_2878


怖い。


わたしもそうだけれど

人相(猫相)良くないと

勘違いされやすいのですが

この顔は和んでいる顔です・・・残念ながら。


Img_2873


もうすぐクリスマスだね〜。


2015年12月18日 (金)

自信まんまん

日本人女性、

もっと自分に自信を持って!

もっとセクシーな自分を自覚して!


などなど

イネスリグロンさんみたいなことを

おっしゃる人は沢山いますが


最近よく見ている

テレビ番組のひとつ、

「How do I look Asia」
(ぶっさいく・・・いえ垢抜けない女の子が
自分の持っているuglyな服を(涙ながら)処理して
新しい服・メイク・ヘアスタイルにチェンジする
日本で言えばまだやっているのかしら?
「にじいろジーン」の変身コーナーを大げさにした番組)


に出てきた、ある彼女


変身後のスピーチ。

      


「わたしは・・・わたしは

      


アドリアナ・リマ

      


なのね!!!」

   

「そうよ、あなたは

      


アドリアナよ!!!


   
う・・・・・・


なぜアドリアナかといいますと

髪型を

アドリアナ風にしたからなのですが


TV番組なのに

もやもやしてしまうのは

わたしが自信ない日本人だからかしら・・・


Img_2871


でも彼女(左)、

とてもキュートに変身していました!

わたしもあんな髪型してみたいわー。

2015年12月17日 (木)

Long barで旅行気分

Img_2817


ディナー前のアペリティフに

Long barに行ってみました。


シンガポーリアンに聞くと

意外と知られていないここ、


ツーリストには超有名とゆうこともあって

休暇を楽しむ

リゾートファッションの人々が

いっぱいで

私たちも旅先にいる気分。


床にはパブっぽく

ピーナッツの殻いっぱい。


籐と木がメインのインテリアは

時代を感じるくたびれ方だけれど

人々が醸し出す雰囲気はカジュアルで
(お値段はカジュアルじゃないけれど)

子供もたくさんいました。


旅行中に訪れる方も多いだろう

ラッフルズ・ホテルの中にあるここ、

休憩場所にいいかもしれません。


Img_2819


Long barといえば

シンガポールスリング。


でもわたしは

ミモザ。

あらあら。


2015年12月14日 (月)

ヘルシーすぎるチキンライス

ホーカーセンターや

フードコートで食べるローカルフード。


モノやメニューによっては

こんな風に


Img_2760_2
(Minced meat noodle・・・・好き。)


申し訳程度に

ペローンと

葉っぱ(基本しおれている)が

入っているだけで


決してヘルシーとは言えない

ローカルフードですが、


ご近所

NOVENA駅近くの

タントクセンホスピタルにある

コピティアムフードコートで

ヘルシー志向・食事制限の方向けの

チキンライスを発見し

面白いので頂いてみました。


Img_2828


ブラウンライス・スキンレスチキンライス。


ブラウンライスというより

古代米というのでしょうか、赤いお米。


チキンは柔らかい胸肉の皮なし。


味は・・・・・・


想像の範囲でしたが


味は、なかった・・・・・・・_/\○_  


美味しいが目的じゃないと思うので

こんなのがあるのだなあ、と

プチプチでパサパサの赤米を噛みしめました。


2015年12月11日 (金)

英語が苦手な理由のひとつ

英語が上手に喋れないわたしですが

ネイティブの友人がいます。


何故か会話にならなくとも

波長が合う人ですが

やはり会話がかみ合わないこともあり

その負のフラストレーションが

わたしの英語の勉強の

促進にもなっていたのですが

そんな彼女が引っ越すことになりました。


途方にくれたわたしは

涙がこぼれるのをこらえ

彼女への手紙を書いていました、



だんだん涙が乾いてきました。


理由は


英語表現が得てして

大げさだから。


感情の振りは激しい方だけれど

言葉はそこまで感情的にならない

日本人のわたしが


「世界で一番素晴らしいあなた」


とか


「あなたがいなくなって途方にくれている

本当にさみしい」


とかとか

書いていると


かーっ!!

恋文かよ!

てゆうか

そんな恋文書いたこともないよ!


一人突っ込みする自分がいて

どんどん冷静になってきてしまう、

という結論。


手紙は無事に書き終わりましたが

日本語直訳すると鳥肌ものです。


でも英語だから

これでいいのだ、これでいいのだ・・・。

2015年12月 8日 (火)

PAUL in Singapore

Img_2761


もう10年近く前・・・・


丸の内で

派遣OLをしていた頃のランチは

当時フランスにかぶれていたせいもあって

PAULばっかり行っていた気がします。


そんな懐かしのPAULは

シンガポールにもあるのですが


何度バゲットを購入しても

バゲットが気泡が

湿度のせいか

しんなりべったりしており

残念極まりないパン屋さんに

成り下がっていましたが


夫と一度くらいは、と

オーチャードタカシマヤにある

PAULで

ランチしてみました。


雰囲気は

東京のブラッスリーな雰囲気よりも

一段階クラスをあげた雰囲気。


わたしはキッシュ、

夫はサーモンのクロックムッシュを頂きました。


Img_2762


ドレッシングはややかけ過ぎだけれど

甘すぎないビネグレット。

キッシュもさっくりふんわり、


バゲットも

どうして買って帰ると

ああなんだろう・・

と首を傾げたくなる美味しさ。


白ワインのデキャンタの後は

赤ワインを頂きましたが

どちらもややフルーティな辛口で

お昼にぴったり。


お腹いっぱい&アルコールで

午後なーんにもやる気がなくなりましたが

思ったよりも

満足したランチでした。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年4月 »